« 『硫黄島からの手紙』 | トップページ | 『老師と少年』 by 南 直哉 »

2006年12月 9日 (土)

『再起』 by ディック フランシス

フランシスが、戻ってきた。
あの「シッド」を連れて、『再起』してきた。

メアリ夫人を喪って、もう諦めていたから・・・
書店で見たときには泣きそうになってしまった。

残念ながら、菊池訳ではないけれど、それは仕方ない。
ともかく、手にしているだけでドキドキする、最高のプレゼントだ。

|

« 『硫黄島からの手紙』 | トップページ | 『老師と少年』 by 南 直哉 »

コメント

すげぇ!シッドハレーなんですか?来ましたね!!こりゃみかん星人さんの感想を聞いてからだな(笑)

投稿: カトキチ | 2006年12月11日 (月) 午後 09時12分

そう!シッドで戻ってきたんです!!
(まあ、その方が書くほうとしては楽なのかもしれない。
 もうシッドに関しての解説は無用ですからね・・・)

週末から地方巡業に出ますので、
そこで読んでみたいと思っています。。。乞うご期待(笑)

投稿: みかん星人 | 2006年12月12日 (火) 午前 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/12998141

この記事へのトラックバック一覧です: 『再起』 by ディック フランシス:

« 『硫黄島からの手紙』 | トップページ | 『老師と少年』 by 南 直哉 »