« Merry Christmas 2006 | トップページ | 『鹿鳴館』凱旋公演 »

2006年12月27日 (水)

今日の、福井晶一くん、、、もしや、タンブルブルータス?

今夜の「タンブルブルータス」くんは、「張 野」さんでしたが、
一幕のカッサンドラとの見せ場の後から、急にお姿が見えなくなりました。
直後の、ボール後半にある「デカ猫4匹ダンス」が、
タガー、スキンブル、マキャの3匹になってしまいました。
で、タンブルくんは2幕にも登場せず、上手の階段でカッサンドラは一人ぼっち・・・

そんな状況の中、『鉄道猫』の場面で、今度はタガーくんが出てこない。
やくざなマンカスにギルバートと共に対応するタガーもいませんし、
「寝台」になるタガーも、そして相変わらずタンブルも不在。。。
「濃い目!」と答える猫達も、寝台が完成しないので立ったままという変わったかたち。

「タガーくんが居ないのは、マキャヴィティに対処するため?」
とは思いましたが、鉄道猫の最初からにタガーが居ないということは・・・・
もしかしたら、急遽、田邊くんを呼んで、タガーにして、
 福井くんが、タンブルになって、、、いやー、幻の福井タンブルか?

と、勝手に妄想していました。。。

そして、とうとう「ミストフェリーズに頼もう」の場面が来たのです・・・
 

ジェリクル・ギャラリー右の「お立ち台」に立っていたのは、
もちろん(笑)福井くんでした。(そりゃあ、そうだよねぇ。。。。)
そして最後まで、タンブルくんが不在のままでした。
エンディングの挨拶でも、カッサンドラは1人で挨拶。
うーん、確かに二幕は見せ場の無いタンブルくんだったわけです。

それにしても、タンブルくんが居なくなってからの舞台は、
どことなく「虚ろ」な気配があって、
いつ止まってもおかしく無いような雰囲気を感じました。
たぶん、それなりの緊急事態が裏で起こっていたのでしょうから、
仕方が無いとは思いますが。。。。
驚いた、というか再認識したのは、
「総ての役に、緊急対応できるアンダーが控えているのではない」
という事ですね。
いつだったか、名古屋の「LK」でシンバがいなくて開演が遅れた事がありましたが、
今回のように、特に目立つ役では無い場合でも、
進行に支障をきたす状況が潜んだままで舞台が続けられているのは、問題かも。。。
 (マキャヴィティに扮するぐらいなら、誰でも出来そうだしなぁ・・・)

それはともかく、
今夜のみかん星人は、2階の上手A席!
本当は仕事で大わらわだったのですが、
なんとなく予感がして、急遽開演10分前の劇場へ。。。
そして、わずかに残っていたチケットが、この席。
そう、、、ヴィクトリア握手席でありました。
舞台でその美しい姿を拝見して3度目にして、、、握手させていただきましたっ。
まさに、夢の一瞬でした(^。^)

|

« Merry Christmas 2006 | トップページ | 『鹿鳴館』凱旋公演 »

コメント

張さんに何かあったのでなければよいのですが、それに
しても咄嗟に代役が出来てしまう福井さん、凄いですね!
タンブル経験があるのでしょうか…。でも、舞台にも客席にも緊張感が走ったでしょうね…。控えと言っても、開演後もいつでも出られるように袖にいるってわけではないでしょうしね…。

投稿: mari | 2006年12月28日 (木) 午前 01時07分

はじめまして、こんばんは。
いつも読み逃げで(笑)初コメントさせていただきます。

今日の2幕目は本当に落ち着かなくて、あまり見られませんでした(タガーのいない鉄道猫なんて初めて。今年の観劇収めの予定が・・・)
タンブルの出遅れであって欲しいと思ったのですが、間違いなく緊急事態でしたね。
せめてアンダーの方がいらっしゃればあれほど異様な舞台に感じなかったかも・・・

私は福井タンブルは想像もしなかったです。(岩崎さん?は無理だろうし、村瀬さん?とか)
むしろ、あのメンバーで機敏に外部コンタクトを取れるのは福井さんしかいなさそうなので(失礼)携帯片手に走り回ってるんだろうな~と想像してました。

いずれにしても、四季からはなんの情報もないでしょうし、張野さんの無事を確認出来るのは次に舞台で会える時なんでしょうね。とても心配です。

すみません。不安に駆られてとっても長いコメントで。

投稿: なお | 2006年12月28日 (木) 午前 05時04分

おめでとうございます!みかん星人さん
レベッカ同盟の私としては・・・うらやましい・・・(笑)
応援ブログしましょう!!
私もいつか・・・(←?)
あら・・・緊急事態だったんですね・・・・張さんのご無事をお祈りいたします

福井さんって・・・昔タンブルしてませんでしたっけ?たしか福井さんのタンブル写真のチラシを見た記憶が・・・・
福井狂さんいかがでしょうか?


今・・・異国で踊る阿川さんをかぶりつきでみていて・・・幸せなわたしです。

投稿: ハイタカ | 2006年12月28日 (木) 午前 10時12分

みかん星人さん、こんばんは。
ものすごくレアな舞台をご覧になったようですね。
鉄道猫の初めから福井さんがいないのは、タガーとしてよりも重要な仕事があったからですね。
この日が鹿鳴館の休演日でなければ、田邊さんの久雄→タガーも可能だったわけで、それも面白いな~と思いました。
福井さんのタンブルは、ブランクがありすぎて、さすがに無理でしょう・・・
でも、密かに活躍された福井さん、お疲れ様でした。
張さんも大事にいたらなければいいのですが・・・。

投稿: ク~ミン | 2006年12月28日 (木) 午後 09時55分

mariさん、コメントありがとう。

やはり、タンブルくんはダブルになりましたね。
たいした事が無いと良いのですが。。。

福井くんの過去に関しては、
コメントを寄せていただいたク~ミンさんにブログで教えて頂く事として、
とりあえず、こちらのページによりますと、
『CATS』デビューがタンブルブルータスなんだそうです。
http://homepage2.nifty.com/Carillon/fukui.html
しかし、、、福井くんがカッサンドラをグルグルしているのは、
ぜひ観てみたかっただすよねぇ・・・・

投稿: みかん星人 | 2006年12月28日 (木) 午後 11時12分

なおさん、コメントありがとうございます。

ほんと、観ていられない二幕でした。
なんというか、本当に「虚ろ」なんですよね。。。初めてです、あんな舞台。
 (夏に、全体がギクシャクしている舞台は観ましたけれど、
  今回は「集中出来て無い」という感じで、本当に危うげでした)
かの福井狂(ばか)さんにとっても、
「2006年『キャッツ』見納め&福井くん出演『キャッツ』観劇90回記念」
の舞台だったそうですが(爆)
「こんなのが最後なんて、ヤダ」とご立腹でした。

ロングランを維持するのって、難しいんでしょうね。
妙なリピーターも多くて煩いでしょうし(笑)

これからも、コメント、お待ちしていますよ(*^^)

投稿: みかん星人 | 2006年12月28日 (木) 午後 11時27分

ハイタカさん、コメントありがとう。

レベッカ同盟、がんばってみました。
ただ、本当に急遽だったので、無精ひげだったのが恥ずかしい(笑)
あと、お花も持って行けなかったのも、残念。

なんにしても、、、予想を超えた綺麗さ、というか「華やかさ」で、
本当に「ヴィクトリア」という高貴なネコそのものを感じました。
ボールの終わりごろ、
三画編隊の雄ネコを値踏みするヴィクトリアですが、
あのレベッカ様なら、それも至極当然で、
そのプライドの高さまでもが魅力だと実感しました。


『異国の丘』ですね、、、余裕を持って行動してくださいね(笑)
ハイタカさんにアクシデントがあっても、アンダーはありえませんから(*^^)

投稿: みかん星人 | 2006年12月29日 (金) 午前 12時00分

ク~ミンさん、コメントありがとう。

あまり観たく無いですけれど(笑)、
たぶん、語り草にはできる、面白い舞台でした。

》タガーとしてよりも重要な仕事があったからですね。
そうなんですよね!
なおかつ、それができるのが福井くんだったという事ですよね。

二幕のマキャヴィティは、タイヤから跳んだり、
ギターに乗ったり、穴から出たり、、、
ついには高圧線に触れたりと、いろいろ大変ですもの。
タイミングを知っている役者さんは限られるのでしょう。
それにしても、誰がどこなのかなぁ・・・
下手側のスロープに出てくるのはグロタイの役者さんだってのは分かりますが(笑)

福井くんのタンブルは、やはり難しいのでしょうね?
特に一幕のタンブルくんは大変そうです。

緊急事態の中でも、最後まで舞台を成し遂げたというのは、凄いです。
たぶん、初めて『キャッツ』を観た人には違和感が無かったでしょう。
「バックアップ体制」には問題があるようですが、
現場のキャスト&スタッフの努力には拍手を送りましょう。

投稿: みかん星人 | 2006年12月29日 (金) 午前 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/13228825

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の、福井晶一くん、、、もしや、タンブルブルータス?:

« Merry Christmas 2006 | トップページ | 『鹿鳴館』凱旋公演 »