« コロン、、、 | トップページ | 『Act Against AIDS 2006』 by 桑田佳祐 @ パシフィコ横浜 »

2006年12月 1日 (金)

『鹿鳴館』 @ 自由劇場

『鹿鳴館』が東京に戻ってきました。
「凱旋公演」との事ですが、役者に大きな変更があったりして、
「凱旋」というよりも「リニューアル」という雰囲気ですかねぇ。

で、まあ、いろんな期待を込めて、あの人が観て来ました。。。

石丸清原はイイ!
この清原なら、この朝子に納得。
(ここらあたりは、公演パンフの中で制作P・松田さんがズバリ書いていますので、
 詳しくはそちらを。
 前回のパンフもそうでしたが、松田さんの文章はおもしろかったです。
 ただし、四季をあまり観ない人にとっては、そうでもないかも。
 いわゆる内輪もんだもんね)

それだけではなく、この二人がこうなったから、久雄はこうなった、にも納得。
石丸清原と田邊久雄は、まちがいなく親子だ!
だって、石丸清原の「朝子さん。」と田邊久雄の「顕子さん。」の言い方がおんなじだ!

途中、変なところでスポットがあたったり、日下さんが台詞を忘れたりしてましたが、
久しぶりの鹿鳴館はおもしろかったです。

全体として、皆さん芝居が大きくて、京都や名古屋の劇場ならいいかもしれないけど、
自由劇場のように小さな劇場ではギャグに見えます。
影山伯爵の抜き足差し足や、
「えっ?」とか「はっ!」とか言って、一歩下がる時の一歩が大きかったり、
石丸清原が振り向いた時の手の振りなんか、あれはミュージカルだよ。
福井くんの芝居は大きいから、自由劇場には合わないんだと、ミョーに納得。

まあ、印象としてはメロドラマが強まったかな?
そんな中、さすが日下さん。
三島の「セリフは全くの知的な様式化」に忠実でした。
珠玉は都築草乃。
天骨は芝さんが恋しい。。。

|

« コロン、、、 | トップページ | 『Act Against AIDS 2006』 by 桑田佳祐 @ パシフィコ横浜 »

コメント

私は昨日見てきました。
石丸さんの第一声、本当に素敵で、くらくらしました。
情熱的な活動家!って感じがして魅力的でした。
そして、田邉さん。前回よりも若々しい感じがしました。
(と同時に、福井さんの久雄は今回はないな・・・と思ってしまった私。ファン失格?!猫のリーダーで会いたい)

投稿: うきうき | 2006年12月 3日 (日) 午前 05時19分

ああ・・・誘惑のコメントをよんでしまった・・・(笑)
大人になろうと思ったのですが・・・うん鹿鳴館突発しそうです(笑)

先日某演出家の演劇ワークショップを受けてきて、ものすごく楽しかったんです。(星新一さんのショートショートを2日間で戯曲にして演じるというもの)
そのときに各劇団の発声や特徴とかの話になって、四季の母音法の話にもなって・・・
「各劇団の個性があって面白いですよ。四季の母音法は、遠くから見るのはいいのですが、あまり近すぎると・・・」という話があって・・・ちょっと納得してました。
だから鹿鳴館は2階から見たほうがなんかよかったんだな~とか思ってました。

昨日は市民ミュージカルをみてきました。で・・・やっぱり生のステージはおもしろいや・・・さあ・・・クリスマス観劇にむけて気合をいれるぞ~~!

年末は・・・・・異国で締めです。

投稿: ハイタカ | 2006年12月 3日 (日) 午前 10時53分

うきうきさん、コメントありがとう。

私はまだ観ていないのでなんとも言えないのですが、
》情熱的な活動家!
というラインが、確かに、よさげですよね。
そもそも、当時の政治家は40代ですので、
石丸さんの世代なわけですしね。。。リアルですよ。

我が家でも、明日の発表を注目の、福井くんの行方です。
福岡だったら、、、あたくし、飛びます。

投稿: みかん星人 | 2006年12月 3日 (日) 午後 10時46分

ハイタカさん、コメントありがとう。

そのワークショップ、、、面白そうですねぇ。
「演劇」というのは、
「なにが起きるか分からない」予感も含めて、
なんとも面白い芸術だと思います。

こんな「セミナー」もご紹介して、
ますますハイタカさんを困らせちゃおうかなぁ。。。。
http://www.sawaki.net/concert2006/zushi.html

投稿: みかん星人 | 2006年12月 3日 (日) 午後 10時51分

>みかん星人さま
石丸さんの清原のレポありがとうございます。
また,朝子さんと顕子さんの一致もブラボーです。若々しつくり親子に見えるというのが何より。益々田邊さんを尊敬してしまいます。見るたびに凄くなっておられます。東京行きたいです。
で,あのお方は…。

投稿: とみ | 2006年12月 4日 (月) 午後 08時16分

とみさん、コメントありがとう。

以前このブログにも書きましたが、
当時の「為政者」は、なかなか若いのですよね。
不惑の石丸さんは、等身大で演じておられるのではありますまいか。。。

田邊さんに関しましては、
とみさんのブログを拝読してきて、その成長を感じておりました。

私も、はやく「凱旋公演」を観てみたいものです。。。

投稿: みかん星人 | 2006年12月 5日 (火) 午前 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/12899453

この記事へのトラックバック一覧です: 『鹿鳴館』 @ 自由劇場:

« コロン、、、 | トップページ | 『Act Against AIDS 2006』 by 桑田佳祐 @ パシフィコ横浜 »