« スクリーンセーバーを待ちわびる日々 | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、いやん、ももさんったら。 »

2006年11月14日 (火)

『「大人の恋」をたしなむマナー』 by OKWave「恋の悩み」サイトのカウンセラーたち

いわゆる「ネット本」ですね。
OKWaveの中にある「恋の悩み・人間関係」での書き込みが、本になった次第。
今もこのサイトは動いていて、およそ10万件の「恋愛の悩み」が書き込まれています。

42の質問(悩み)と、それへの答えがひとつ以上。
そして質問者からのお礼で構成されています。
到底「これで恋愛の悩みは総て網羅」とは思えないから、
まことに「恋愛」と云うのは難しいものですね。
もちろん、中にはとても普遍的で初歩的な質問もあって、
「どっちを選んだらいい?」とか「告白したいけれどできない」とか、
まるで『蛍雪時代』の相談コーナーへの投稿みたいなものもあります。
 (驚いた事に『蛍雪時代』って雑誌はまだ続いているのね・・・)
ハイレベルな質問では、
「大麻で捕まった彼が留置場から別れの手紙を」とか、
「別れると言うと暴力を振るわれそうで怖い」といった、
ちょっと交流分析が必要なものもあったりします。
 (この難しい質問への回答としては少し危険な程に簡単な回答がが載っている。
  本当は、ちゃんとした療法や、社会の仕組みを活用すべきなのに・・・)

ともかく、今もネットで読める物を、
また「恋愛」という、まさにケース・バイ・ケースの問題を、
こうして「書籍」として出版する事に、どんな意味を付加していたのか?

読んでいて、ちょっと感じたのが、
「書籍の持つ信頼感」といった付加価値でした。
例えば、恋人と二人でこういう恋愛問答を眺めるときに、
ディスプレイの中にある「質問」と「回答」には、どこか軽さがあって、
それを「私たちにもある問題」と引き寄せて感じるには力不足に感じます。
なにしろ、ネットにある言葉は、このブログの様に、
「誰かの戯言」に過ぎないのですからね。
その点、書籍に載っている言葉は「選ばれた言葉」の様に見えますし、
ネットの言葉では感じられない「重み」を感じるかもしれません。

もし、恋愛で問題を感じていて、相手と話し合いをしたいと願っていた場合。
それと同じ悩みと、求める回答が提示されていたら、
「ネット」にあるそれよりも、
「書籍」にあるその問答を相手に見せるのではないでしょうか?
この本に意味があるとしたら、この点ぐらいかな・・・
ですから、この本を読んで、
「あ!これは彼に読ませて、反省させたい」
という項目に出会えたなら、この本をレジに持って行きましょう。

ですが、そういう「あてがある」のでないのなら、この本の意義は薄いです。
 (まあ、このピンポイント感が『青春出版社』という気がしますが・・・)
もっと面白い「演出」があれば、良かったのかなぁ、と感じます。

それから、なぜ縦書きにしたのか?が分かりません。
」という引用符が使われていますが、縦書の文章では大変違和感があり、
ローマ字の「」に見えて仕方ないのです。
さらに、そのローマ字が縦書きされるのも面倒ですし、
ローマ字のハンドルネームだったりすると、悲劇的に読み難い。
どうして横書きにしなかったのでしょう?とても不思議です。

「色」を使ってないのも、ちょっと残念。
質問には「網掛け」をしてあるのですが、
回答において「強調」されている文字も黒字の太字なだけ。
どこにも「書籍にするための工夫」を感じないのが、最大の欠点でしょう。

肝心の「回答」ですが、
百万人で考えた最強の知恵」という副題が付いているのですが、
その「百万人で考えた」という部分が感じられない。
実際にネットで交わされている状況を見ると、
回答ごとに質問者からのリプライが書かれていたり、
それを踏まえてまた新しい展開があったりして、
そういう部分に「百万人で考えた」部分が匂うのに、
それが書籍では全く生かされていないのです。
これでは、回答者が美輪明宏氏一人であるのと変わらない。

ま、なんにしても、人様のコイバナは、少し読むだけでも満腹になりますね。


「大人の恋」をたしなむマナー

  • OKWave「恋の悩み」サイトのカウンセラーたち
  • 青春出版社
  • 1365円

Amazonで購入
書評
【書評リンク】
青空の下で昼寝 by 碧さん
day by day by Shimo.さん
旦那@八丁堀 by 旦那@八丁堀さん
fjkktkys blog by fjkktkysさん
mixi
フレパ

    |

    « スクリーンセーバーを待ちわびる日々 | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、いやん、ももさんったら。 »

    コメント

    ……こういうネット発の書籍って、利益はどうするんだろうなぁと計算してしまいました(苦笑)
    いわゆる二次利用ですから、OKWaveの利用規程などに何か記述があるんでしょうかね……

    と、ブログの利用規程をあちこち比較したことがあるので、ちょっと疑問に思いました。
    こういう現実的な計算をするようになると、つくづく恋愛とは無縁の次元にいるのだと感じます。

    投稿: たぬ | 2006年11月17日 (金) 午前 02時22分

    たぬちゃん、コメントありがとう。

    そか、、、そういう問題もあるから、
    ああいう中途半端な感じになったのかなぁ・・・>本
    やはり、ネットの「熱」を書籍にするのは難しいねぇ。

    ところで、、、たぬちゃんの本、献本してみませんか?(爆)
    http://www.buzz-pr.com/book/menu/

    投稿: みかん星人 | 2006年11月19日 (日) 午後 10時03分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/12689182

    この記事へのトラックバック一覧です: 『「大人の恋」をたしなむマナー』 by OKWave「恋の悩み」サイトのカウンセラーたち:

    « スクリーンセーバーを待ちわびる日々 | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、いやん、ももさんったら。 »