« 『16ブロック』 | トップページ | 吉村和敏 写真展 『林檎の里の物語』 »

2006年10月21日 (土)

『地下鉄(メトロ)に乗って』

「時間モノ」だからと、期待しすぎていたのもあるし、
「時間モノ」は、大概、楽しい映画だと思っていたのもあるが。。。

うーん、、、後味の悪い映画でした>『地下鉄(メトロ)に乗って
去年だったかな?の『バタフライ・エフェクト』の、
「もうひとつのエンディング」も、後味が悪かったけれどねぇ。。。。

それと、相変わらず「人物のクロース・アップ」が多くて、辟易。
せっかく凝ってセットを作っても、その意味が半減していたと思う。

更に言うと、、、岡本さんは「綺麗」なのかもしれないけれど、
ああいう視線の使い方とか、発声の悪さとかは、好きになれない。
常盤貴子さんは、相変わらず溌剌としていて、美しかったなぁ。。。
いや、役者の側面で言えば、皆さん、良かったとは思います、けれどね。

最近読んだ『中原の虹』で、初めて浅田次郎さんに触れましたが、
その時に、うっすらと感じていた「冷血」、或は「醒めた視線」を、
改めて映像で見せつけられてしまった気がします。

原作は読んでいませんし、いまさら読む気もしませんけれど、
これは「文章(小説)」として想像の中で読む物語ですね。
総ての「存在」が頭の中にだけ在るから、納得する、許せる。
 (それでも、小説の中での殺人だって、気持ち悪いけれど・・・)
だけど、「映像(映画)」として、誰か(役者)の姿を借りて実在させてしまうと、
やはり、冒し難い「何か」を感じてしまうし、
「そう」でなければ映像化の意味も無いというジレンマもある。

もちろん、これは「娯楽作品」であったりするし、
「芸術作品」だから人の感情に何かの作用をして当たり前。
だけどなぁ。。。なにかがこの映画には足りなかったのか、、、嫌だった。

「時間モノ」なのに、その出発点である「今」に関する脆弱さがひどい。
まず「今」が何時なのかが実に滅茶苦茶。。。。
主人公は昭和39年10月5日に10代前半に見えるのに、
「いま現在」では、どう観ても、みかん星人と同年輩か、若いぐらい。
この違和感が、なんとも気持ち悪い。
さらに、その主人公が「いま現在」どんな状況なのかが判らない。
環境は描かれていても、それをどう感じているのか、不明。
時間モノの大傑作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の面白さは、
マーティーのダメな日常の何気ない描写が優れている処にあるのだから。。。

文句無く讃えたいのは、田中泯さんの恩師ですね。
あの部分の演出・カメラ・演技・意味、、、総て最高でした。
それと、丸の内線の300系、、、そして銀座線の1000系が懐かしい。
なんといっても、第三軌道切り替え時の停電!
この場面だけなら、観て損は無いかも。。。

|

« 『16ブロック』 | トップページ | 吉村和敏 写真展 『林檎の里の物語』 »

コメント

つっこみどころ満載の作品でした。
特に「みち子」は、その設定から、
つっこみの連続でした。

投稿: 舞姿 | 2006年10月22日 (日) 午後 08時53分

お、お2人の次に発言をさせていただきます。
(キンチョー!)

私はこの映画を観ようとは思っていませんでした。
堤さんの【三丁目】の次のドジョウは?
と、実に下賎な想像ばかりしておりましたが、
みかん星人さんの『浅田次郎論』を拝読して、
冷めた部分の原作者・浅田次郎に興味を覚えました。

行きつ戻りつ・・・

猫屋敷にあの方がいらっしゃる限りは無理ですが、
都合がつけば、つっこみに出掛けてみたい気持ちです。

投稿: 真冬 | 2006年10月25日 (水) 午後 11時13分

真冬さん、コメントありがとう。

『ALWAYS三丁目の夕日』も堤さんでしたね。
観ていませんけれど(笑)
みかん星人的には、
『クレヨンしんちゃん/オトナ帝国の逆襲』や、
『同上/戦国大合戦』を予感していました。
 (ちなみにこの2本は史上最高傑作アニメです。必見!)
けど、しかし、、、ま、いいや(笑)

ぜひ、つっこみに出かけてください。
「ジャイアアントロボ」に反応できる真冬さんですので、
さぞかし、心底、強烈なウエスタン・ラリアートをかませると思います。

投稿: みかん星人 | 2006年10月27日 (金) 午前 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/12370563

この記事へのトラックバック一覧です: 『地下鉄(メトロ)に乗って』:

« 『16ブロック』 | トップページ | 吉村和敏 写真展 『林檎の里の物語』 »