« 『江戸の閨房術』 by 渡辺信一郎 | トップページ | 「日本のメディア芸術100選」 »

2006年9月30日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、メタボリック?

今日も今日とて、あの方からの戯言です。
ええ、、、レポートではなく、戯言です。

1日2回公演の2回目だからかもしれませんが、
福井クンの歌声に疲れが出てました。
でも、あの手の返し方、ステップは、やっぱり福井タガーです。

ところで、タガーナンバーで、
「フォー!」とか「イェ~ィ」とか、やたら奇声が多くなってました。
どなたかのブログに「変な声出してた」とか書いてあったけど、このことか。。。
福井クン、声が低いから、まるで晩年
(晩年・・・)のプレスリーのようでした。

福井クンに限らず、今日の猫たちはうるさい!
「わぁー!」とか「ウォー!」とか、猫なら「にゃー」とか「ギャー」だろうに。
なぜに人間の言葉になるの?
(人間がやってるからです。。。歌ってるし(*^^))
特にタムマン!当初から、人間の言葉で叫び声をあげていて、
前からうるさいと思っていたけど、今日はホントにうるさい!

それで、福井クン、太りました?
ネーミングの時にマンカス席から、左ジェリクルの福井タガーを観てて思いました。

ネーミングの時は、ファーを付けていないから、
からだの線がバッチリ観れて、おいしい
(おやぢかいっ!)のですが。。。

今日は、チケットボックスにいるお姉さんにも挨拶されました。
(┐( -"-)┌ヤレヤレ...)
裏で有名になってるんだろうな。。。(┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・)
なんせ、五反田キャッツ、本日94回目。
余談ですが、
「鹿鳴館」は自由劇場で104回上演されたそうで、
己のチケットを数えたら、61回分ありました。
全部、観てるわけではないけど、半分以上、買ってたんですね。

だけど良かった、福井クン出演キャッツ観劇回数79回を下回っていて。
(それ、「良かった」という問題でせうか?) 

|

« 『江戸の閨房術』 by 渡辺信一郎 | トップページ | 「日本のメディア芸術100選」 »

コメント

こんにちは
私も観ていました!!
福井さん、私はお痩せになったと思ってました。
ひと月ぶりだったので、ちゃんとチェックするぞと思ったのですが、
張ギルにはまってしまいました。
タガーナンバーの終わりの方でもおかしなことしてました。
1階センターブロックの通路後ろに乗りのいい方が
にぎやかでしたね。

投稿: うきうき | 2006年10月 1日 (日) 午後 05時50分

うきうきさん、コメントありがとう。
実は、PCが不調で、すぐにエラーダウンしてしまい、
resが遅くなってしまいました。。。

さて、いよいよあさってから「あの方」復帰ですね。
仕事をせっせと片づけて、金曜の夜を狙い撃ち計画です。
そこで、福井クンのウエストを目測してきましょう。

投稿: みかん星人 | 2006年10月 4日 (水) 午後 10時48分

>みかん☆人さま
なんだかえらいことになってますね。チェロの恩師の飼い猫のアメショーはメタボリックキャットでありますが,福井タガーのそーゆー状態を想像するだに怖い。
ジョン万や田邊久雄にうつつを抜かしているときではないような気がしてきました。

投稿: とみ | 2006年10月 4日 (水) 午後 10時51分

とみさん、コメントありがとう。

まあ、幸せで太ることも、往々にして、ありますから。
とはいえ、福井クンの「デュト様」は見たくないですなぁ。

『鹿鳴館』いよいよ千穐楽ですね。
参りますよぉ、、、京都の「明治」を堪能しに(爆)

投稿: みかん星人 | 2006年10月 5日 (木) 午前 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/12101196

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の、福井晶一くん、、、メタボリック?:

« 『江戸の閨房術』 by 渡辺信一郎 | トップページ | 「日本のメディア芸術100選」 »