« 今日の、福井晶一くん、、、絶好調! | トップページ | esq's Piano Bar Vol.11 »

2006年9月 8日 (金)

『キャッツ』、、、さて、私は何回目でしょうか?

約一ヶ月ぶりの『キャッツ』鑑賞でした。

8月は(も?)東京に居なかった期間も長いのに、
意外と芝居を観ていて、
「マジョリン」「ビリージョエル」「キャラメル」「ファントム」・・・
ふむ、なかなかバラエティーに富んだものだと省みたりしていますが、
改めて『キャッツ』を観るというのは「別」という印象でした。
簡単に言うと、
「ああ、、、【舞台】を観ているぞ!」という満足感ですね。

「キャラメル」や「ファントム」は【物語】、
「ビリージョエル」の『ムービング・アウト』は【音楽】。
ですが、『キャッツ』は、、、【舞台】そのものの興奮を手に入れられる。

『キャッツ』には、アンサンブルという役どころがありません。
総ての役柄には名前があり、見せ場があるのです。
「その他大勢」が無い、、、つまり、誰もが主役でもある。
だからこそ、登場する総ての役者に「ベスト」が求められる。
【物語】の薄い(爆)『キャッツ』では一匹一匹の猫の動きが大切なので、
役者達の「ベスト・アクト」が前提で成立しているとすら言える。

この夜の『キャッツ』は、「スタンダード」的な完成度があったと思う。
特に荒井香織さんによるシラバブと、村俊英さんによるバストファ&タイガーは、
「余分なものをそぎ落とした魅力」に溢れていて、
この役どころが最低限到達しなければならないパフォーマンスだった。
 (個性を付加したかったら、まず、この両者に拮抗しなければダメだ)

更に、蔡くん演じるミストフェリーズによる、正に「小さな黒猫」の具現。
しっかりと腰が据わった三宅さんがみせる力強いランパスキャットと、
妖艶な遠藤さんによるボンバルリーナの瞬間的な求心力。
更には、常に最高レベルを実現し続ける、
金井さんのヴィクトリアと大口さんのカッサンドラによるコケティッシュな踊と、
すっかりリーダーとなった田村くんのマンカストラップ。
そして、言わずもがなに絶好調の福井タガー。。。
まさに、『キャッツ』の魅力が確実に描き出されていた舞台でした。

さて、今宵もっとも関心を寄せていたのが、
みかん星人が初めて拝見する奥田久美子さんのグリザベラ。
なるほど、、、このグリザベラは厄介かもしれない(笑)
クライマックスで、堰を切ったように感情が溢れ出る。。。
金さんのグリザベラにも通じるとところがありますが、
奥田さんの場合は、微妙に苛立ちというか、
「私がこんなにも求めているのに、どうしてダメなの?!」
というニュアンスを感じられるのが素敵(*^^)

やや長めに楽しむ福井くんのタガー〆も楽しい『キャッツ』、お薦めです。

|

« 今日の、福井晶一くん、、、絶好調! | トップページ | esq's Piano Bar Vol.11 »

コメント

みかん星人様、こんばんは。

>「ああ、、、【舞台】を観ているぞ!」という満足感

「CATS」は生の舞台ならではの醍醐味が素晴らしいですよね。ストーリー展開でなく、「猫の生き方」を歌とダンスで表現して観客を魅了するのですから、四季の役者さんのクオリティの高さを証明していると思います。

私の場合、「CATS」は他の演目以上に作品世界に取り込まれるというか、舞台との一体感が強いので、観終わったあとの満足感も大きいです。

蔡さんのミストも最近拝見してないし、また猫屋敷に行きたくなってしまいました(笑)

*TBありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。

投稿: 暁音 | 2006年9月12日 (火) 午後 11時33分

こんばんは!
キャッツを観ると本当にレベルの高いエンターテイメントだなって思います。見るたびにどんどん猫たちに愛着が湧いてきて、実は初めて見た時はそれほどではなかったんですが、今やすっかりファンです(笑)。
荒井シラバブと村ガスは私も大好きです。特になにか強烈な個性づけをしてるわけじゃないのに、しっかりシラバブとガスですよね。さすがだなって思います。
TBさせていただきます。

投稿: mari | 2006年9月13日 (水) 午後 05時01分

暁音さん、コメントありがとう。

『キャッツ・シアター』という魔法もあるのかもしれませんが、
 (『自由劇場』でも似た満足を感じます)
そうですね「一体感」というのはとても分かります。

いろんなエピソードが上手く進行したり、
バストファージョーンズの後ろで遊んでいるネコをみていたりすると、
「今日もちゃんと出来たね」とか、
「今日も真剣に生きているね」と、
【今日】という時間を意識してしまいます。
「今を生きる」と歌い上げるあのACLでさえ、
【今日の参加者達】を意識しませんから。。。

ミストは、どなたが演じられても「さすが」と感じます。
そろそろ、新しいミストが、、、みたいなぁ(爆)

投稿: みかん星人 | 2006年9月14日 (木) 午後 09時20分

mariさん、コメントありがとう。

23年前の初演を観て、
「まったく解らん!」と混乱し、
その後しばらく劇団四季から遠ざかってしまった私ですが、
いまやもう、どのマキャヴィティが村さんなのか(笑)わかりますもの(爆)

『キャッツ』は個性が乱舞するようなイメージがあって、
私などは特にこのブログで「個性」を際立たせて書いてしまいます。
けれど、やはり大切なのは「デフォルト」というか「原点」というか、
例えば趙さんのマンカストラップとかを考えると、
役者さんの「個性」に頼らず、
本当の「技量」や「資質」で臨む役者さんが多いときほど、
『キッャツ』の完成度が高くなるのは、なんとも不思議です。

投稿: みかん星人 | 2006年9月14日 (木) 午後 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/11821363

この記事へのトラックバック一覧です: 『キャッツ』、、、さて、私は何回目でしょうか?:

» 久々に「CATS」観劇 [eclipse diary]
9月3日(日)に「CATS」観てきました。なんと私にとってお初の福井タガーでした [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 午後 10時58分

» キャッツ 9/9 マチネ① [鉱石ラジオ]
グリザベラ:奥田久美子 ジェリーロラム=グリドルボーン:遠山さやかジェニエニドッ [続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 午後 04時17分

« 今日の、福井晶一くん、、、絶好調! | トップページ | esq's Piano Bar Vol.11 »