« 『RENT』がやってくる。 | トップページ | 『福岡Spirit!』 @ 福岡シティー劇場 »

2006年9月24日 (日)

『アイーダ』 by 樋口麻美、そして、ワイス・メレブ

樋口麻美さんが『アイーダ』のタイトルロールを演じている。
「ぜひ観たい」と思っていたキャスティング。。。わくわくして飛んだ。

素晴らしい、、、実に素晴らしい。
時々にポリーなってしまうけれど(笑)それはまあ、それとして。
樋口アイーダは「帝王学」を学んでいる王女だと感じました。
晩餐会のあと、ラダメスと向き合うときの彼女は、
台詞をけっして急がず、威圧することも無く相手を気圧して、
そして鋭い一言を投げつけてその場を自分のものにしてしまう。

歌い方が違うと聴いていたけれど、
いやいや、私には樋口さんの歌い方のほうが納得できる部分も多かった。
例えば最初の『あの日は遠くに』での「悪夢」という歌詞、
濱田さんは早口で駆け抜けてしまうこの単語を、
樋口さんはさも怖ろしげに「あ・く・む」と伝えてくる。
ここに限らず、樋口アイーダの歌唱は流されることが少ない。
(逆に言うと、濱田アイーダは情熱に従って歌い上げる)

少し「をゃ」と感じたのは、ローブの場面かな・・・
決意する前に担ぎ上げられたとき、ちょっと楽しそうだった。。。
まあ、その気持ちは解からなくもないし、
「帝王学」的に言うとそういうものなのかもしれないけれど、
濱田アイーダの泣きそうな雰囲気のほうがしっくりくるのは確か。

なんにしても、
「アイーダ役は濱田さん以外に考えられない」
と言うほどには硬直していないと感じたし、
きっとラダメスによっても、メレブによっても変化するでしょうから、
いろんなアイーダを楽しみたいものだなぁ。

で、そのメレブ君。。。

「ハイティーン」という設定のようですので、
まあ体格に関しては問題は無いでしょう。

ワイスさんのメレブは、簡単に言ってしまうと「真面目すぎる」のね。
でも、メレブってのは、そうハイティーンなのだから、
「建前だけの大人」に抵抗しているだけの「ぼく」から、
「もっとちゃんとした大人の私」になってやろうとする時期だろうし、
この物語での出逢いの数々がそれをメレブにもたらすところが、醍醐味。
でも、、、ワイスメレブには「変革」を感じられないのよね。。。
たぶん、最初から真面目すぎるのだと思う。

イベントの都合でワキに追いやられていた看板。。。恒例写真(笑)

143

|

« 『RENT』がやってくる。 | トップページ | 『福岡Spirit!』 @ 福岡シティー劇場 »

コメント

多分お初です。お邪魔します
私も樋口アイーダが一番好きです。
ぐぐっときます。
阿久津君も浜田嬢の時みたいに歌合戦になってないので
二人の気持ちが直にあたしの心に訴えてきます。
素晴らしい。
福井君と樋口嬢、早くみたいです。

投稿: ぴんくぶた | 2006年9月25日 (月) 午後 02時48分

ぴんくぶたさん、コメントありがとうございます。

今回参加した『福岡Sprit!』の質問コーナーで、
役柄の年齢設定の事が話題になりましたが、
主役3人は「20代前半」ということだそうです。
で、私が感じるに、、、
濱田さんのアイーダは24・5歳、
井上さんのアイーダは21・2歳、
そして樋口さんのアイーダは27・8歳という感じですかね。

ラダメスも、阿久津くんは「22歳です」と明言してしましたが、
私もそんな感じだろうと思ってましたから納得。
 (会場では「そんなに若い設定?」とざわつきましたけど)
で、福井ラダメスは、25歳という感じに、私には見えますね。
 (もちろん、設定では20代前半という事なんですよ(*^^))

阿久津くんの素晴らしい点は、
ぴんくぶたさんが書かれている通りに「歌合戦」にならず、
相手とのハーモニーにとても敏感なところだと思います。
日曜に、久しぶりに「ラダメスに慣れた阿久津くん」を観ましたが、
やはり 彼は素晴らしい「ミュージカル・スター」ですねぇ。。。

投稿: みかん星人 | 2006年9月26日 (火) 午前 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/12030871

この記事へのトラックバック一覧です: 『アイーダ』 by 樋口麻美、そして、ワイス・メレブ:

« 『RENT』がやってくる。 | トップページ | 『福岡Spirit!』 @ 福岡シティー劇場 »