« 『雨と夢のあとに』 by演劇集団キャラメルボックス | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、もしかして、お待たせしました? »

2006年8月 9日 (水)

BOSSA DO MAGO @ 六本木 STB139

今年初めて「ボサ・ド・マーゴ」のライブへ行って来ました。
彼らは、今年、イクスピアリでのライブしかしておらず、
彼らにとっても今年2度目のライブ。。。

いやはや、、、相変わらず、亮さん、凄いです。

特に、池田先生の名曲『Vagabuado』での亮さんのカホーン!
いやもう、、、痺れましたよ。
一度彼と握手をさせていただいたことがありますが、
その手は予想以上に柔らかく、思った以上に大きかった。
そんな感触を思い出しながら、「いつもの2階席」での陶酔の2時間でした。

今回はMC少なめで、新曲3曲を含む10曲とアンコール。
相変わらず充実度の高いライブでしたが、
MCが少ないってのは、なんか違うバンドみたいですね(笑)

ともかく、
彼らほど「セッション」としての楽しさを感じさせてくれるバンドは少ない。
おもちゃ箱のようであり、優美であり、そしてなによりスリリングである。
例えば冒頭の『MIKOSHI』での、
ハーモニカとチェロのオブリガードの応酬、、、のっけから参った。
『Pan Comes Up』での掛け合いの妙味は、
この一曲で「元を取った」と感じさせるぐらいの神々しさがあった。

また、見た目の美しさも語っておこう(笑)
ボサマゴの5人は、全く似ていない、
ある種の典型が揃っているというのが、面白い。。。
特に代表曲『イマージェン』で、
その艶やかな髪を振り乱して演奏するチェリスト。。。
貴方の演奏に、何人の女性が気絶寸前になるのでしょうか(笑)
その一方で、武骨というか、
まさに「粗にして野なれど卑ならず」という風情のベースとパーカッション。
 (ここに大先生が加わると、、、、完全に無敵だ!)

一時の人気が加熱し過ぎた時期が過ぎて、
今は本当に彼らの音楽に陶酔できる季節が来ていると思う。
新曲もあったことなので、今後の彼らにますます期待したい。

|

« 『雨と夢のあとに』 by演劇集団キャラメルボックス | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、もしかして、お待たせしました? »

コメント

みかん星人さんは2階にいらっしゃったのですね。
私は1階後ろの方。
どこかですれ違ったかな?

投稿: のりたま | 2006年8月10日 (木) 午後 09時51分

のりたまさん、コメントありがとう。

stb139では、いつも二階から観ています。
しかも、下手の二階は禁煙で、かなり快適。
ただ、ステージの下手が観にくくて、
今回はタロマさんが全く見えませんでした。

ま、、、チェリスト目当てですので(爆)

いつか、のりたまさんとご挨拶が叶うといいのですが。。。

投稿: みかん星人 | 2006年8月12日 (土) 午前 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/11368427

この記事へのトラックバック一覧です: BOSSA DO MAGO @ 六本木 STB139:

« 『雨と夢のあとに』 by演劇集団キャラメルボックス | トップページ | 今日の、福井晶一くん、、、もしかして、お待たせしました? »