« 『ナルニア国物語』 | トップページ | 『The Rainbow Star』 by ENDLICHERI☆ENDLICHERI »

2006年3月26日 (日)

長谷川潔氏の銅版画

みかん星人がよく観るTV番組に、
『美の巨人たち』という芸術に関する番組があるのだけれど、
この日この番組が取り上げていたのが「長谷川潔」氏。

この番組で初めて意識した「長谷川潔」氏なのだけれと、
私は以前に、そうと知らずに、この人の作品の絵葉書を買っていた。
それは、彼の作品の多くを収蔵する「横浜美術館」で買ったもので、
「メゾチント」という技法で作られた銅版画だったから。
「メゾチント」に興味を持ったのは、
北村薫氏の傑作『ターン』を読んだからで、
主人公の森真希が銅版画を作る技法がこの「メゾチント」だった。
小説の中で描写されるこの銅版画を見てみたいと思っていたら、
「横浜美術館」にあったので買った。。。という次第。

が、この「メゾチント」という技法、
フランス語では「マニエール・ノワール」というそうだけれど、
長らく忘れられていたものを「長谷川潔」氏が再現したのだという。
横浜生まれの彼の作品は「横浜美術館」が集めていて、
先日まで「長谷川潔企画展」が開かれていたそうだ。。。行きそびれた。

|

« 『ナルニア国物語』 | トップページ | 『The Rainbow Star』 by ENDLICHERI☆ENDLICHERI »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/9309539

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川潔氏の銅版画:

« 『ナルニア国物語』 | トップページ | 『The Rainbow Star』 by ENDLICHERI☆ENDLICHERI »