« ポストペット | トップページ | 『レジェンド・オブ・ゾロ』 »

2006年1月28日 (土)

『フライトプラン』

「ジョディー フォスター」待望の新作。。。

とは言うものの、余り芳しい前評判を聞いてなかったので、
ちょっと構えて観にいきました、、、が(*^^)
これは面白い、、、なにしろ100分で決着するのですから!!

まあ、残念なのは、
二階建ての飛行機が飛ぶ姿をもっと見たかった、、、って事かな。
夜間飛行だからシルエットぐらいだし。。。ネタばれだし(爆)

ジョディーさんは、
精神的な弱点に追い詰められた辺りの芝居が上手いなぁ。
いわゆる「あたくし映画」になってしまってはいるのだけれど、
その「あたくし具合」がなんとも健気で可愛い。。。
 (ってのは、差別的発言か?(笑))

ともかく、飛行機好きは、ある意味、必見。。。(*^_^*)

あとあと、、、前と後ろのクレジットの出方、、、好き。

この映画がテーマにしているのは、
「事件」ではなくて、
「事件に巻き込まれた側の心理」
という部分にあって、とても極端に言ってしまうと、
「犯罪被害者の扱い」がテーマの様に感じました。

映画の中間点は、娘が搭乗した事を確信する場面なのですが、
この問題、つまり母の精神状態をここで取り上げているという事からも、
この映画が「犯罪映画」ではなく「親の愛の強さ」なわけですね。

まあそれにしても、アラブ人への扱いに関してはなぁ。
それと、乗務員が、、ってのも、つまらないし、ともかく嘘が下手過ぎ。
「生き返る」ってどんでん返しでなかったのだけ、安堵(爆)

「映画を語ろう」では、こちら。。。

|

« ポストペット | トップページ | 『レジェンド・オブ・ゾロ』 »

コメント

私も途中で「生き返ったらどうしよう」とか「カイルが現実を受け入れて生きていくヒューマンドラマになったらどうしよう」とか思ってましたが、一応決着ついて良かったです。
娘の搭乗を確信してからが早かったですよね。実はその伏線のあたり寝てたので、「きっとそういう伏線があったんだろうな~」くらいだったんですが(笑)。

TBさせていただきました!

投稿: mari | 2006年2月 6日 (月) 午後 11時40分

mariさん、コメント&TBありがとう。

ええ、私も、
「本当に娘が亡くなっていたら、もっと面白い」
とか、乱暴なことを考えてしまいました(笑)
というか、更に乱暴なことに、
「カイルも鬼籍の人」とかまで、チラっと考えて(^^;)

それだと、シャマラン監督作品ですよねぇ。。。。

投稿: みかん星人 | 2006年2月 7日 (火) 午前 08時28分

こんにちは。
相変わらず観劇の日々でうらやましい限りです(*^_^*)
この映画けっこう上映期間が長かったのですよね。
公開当時行きそびれたのでもうあきらめてたのですが。
私もダンナさん生き返ったらどうしよう。。と心配しましたが、おとなしく棺桶におさまってくれていてよかった(笑)
観てよかったな~って一番に思うことは・・・
ショーン・ビーンの機長が見れたことでしょーか。。(^m^*)ムフフ

投稿: komame | 2006年3月 8日 (水) 午後 02時31分

komameさん、お元気?

そう、宣伝費が嵩んだからか、長い上映です。
こんなの続けるんだったら、
オスカー・ノミネート作品とか掛けてくれればいいのにね。

「ショーン ビーン」とくれば、
「パトリオット・ゲーム」とか007ですねぇ。。。
一番犯人臭いかもしれないけれど機長だし、、、
そんな設定だったら、本気で航空会社から訴えられてたわよね。

投稿: みかん星人 | 2006年3月 9日 (木) 午前 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/8382727

この記事へのトラックバック一覧です: 『フライトプラン』:

» 映画「フライトプラン」を見た [鉱石ラジオ]
昨日は「エリザベート」のチケット発売日。先行はことごとくハズしてるんで、今度こそ [続きを読む]

受信: 2006年2月 6日 (月) 午後 11時20分

« ポストペット | トップページ | 『レジェンド・オブ・ゾロ』 »