« 『鹿鳴館』 @ 自由劇場 | トップページ | 今日の、福井晶一くん。。。その後ろ姿 »

2006年1月27日 (金)

『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』

原題は、単純に『proof』。

「証明」という意味が主だけれど、
「試験済み強度→防弾」という意味もある。
その昔「bullet proof software」というゲーム制作会社があって、
そこが作っていた『ブラック・オニキス』にはまっていたことがあった。

大好きな冒険小説家・フランシスの作品に『証拠』という一遍があり、
この原題も『proof』。
お酒に詳しい主人公が事件に巻き込まれるのだが、
彼には悲しい過去が・・・という物語。
そもそもproofとは「アルコール度数」をも表す言葉で、
バーボンの瓶には50%を100とした「プルーフ度数」が表記されていたりする。

さて、、、この映画での「proof」は、まず、数学の証明として登場。
「素数に関する証明」とか言っていた気がするけれど、
もしもこの映画を、ここから「難しそう」と感じられたのだとしたら、もったいない。
この映画における「数学」は、ただ単純に「共通言語」という意味なのだから。

そういう意味では、この邦題、上手いのかもしれない。。。好きではないけれど(笑)

|

« 『鹿鳴館』 @ 自由劇場 | トップページ | 今日の、福井晶一くん。。。その後ろ姿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/8378907

この記事へのトラックバック一覧です: 『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』:

« 『鹿鳴館』 @ 自由劇場 | トップページ | 今日の、福井晶一くん。。。その後ろ姿 »