« シベリアの仇をプライドロックで? | トップページ | 『クロノス』 東京千秋楽 »

2005年12月23日 (金)

『キャッツ』 @ キャッツシアター

待望の「キム・タガー」、
そして「村・グロタイ」に「早水グリザ」というボーナスも。。。

「福井狂(ばか)」さんが大絶賛の「キム・タガー」。
なるほど、これが、、、という存在感。
「観客があっての、ファンが居てこその、ラム・タム・タガー」なのですねぇ。
他のどのタガーよりも「客」を意識していて、その反応にとても敏感。
例えば「福井タガー」は、客が居てもいなくても「同じノリ」で踊りそうだし、
「荒川タガー」だったら「客を集めてみせる」という迫力がある。
が、、、「キム・タガー」は、
「観てくれるなら踊ってあげるよ。踊ってやるから観てくれよ」
という、ある種の「驕り」があって、それが最高の魅力なのだと思う。

ところで、、、ジェリクル猫達にとって「客」とは、なんだろう?(笑)
「客」相手にする「握手」はともかくも、「目チカ」ってどういう意味なのだろう?
『 驚いてる 顔をしてるぞ 』と歌われるのは、誰なのだろう?
この辺りの事は、微妙に演劇論なので、いずれ・・・

「キム・タガー」の面白いところは、
「基本的には無理をしない。けど、ここぞって時にはぶちきれる」という姿勢(笑)
メス猫の間を立ち回るその時も、田邊くんなら飛び跳ねて動くのに、
「キム・タガー」は歩いちゃったりする、、、
それでいて、客席に向かっては強烈にアピールしたり、
「ハッハッ」だの「キャッホー」だの黙っちゃいない。。。

あ。。。ちょっと「カツケンサンバ」とか思い起こしてしまった(笑)

さて、周辺事態。。。
バストファに上手から食事を運ぶカーバくん。。。
幅1mはあろうかという皿を持ち上げてみたものの、
既に食事は終わっていたので持って行き場に困ったあげく、
上手階段に居たシラバブ嬢にプレゼント。。。
シラバブ嬢、その大きな皿に一段上から覆い被さって食べようと・・・
その体勢を支えようとジェリロがシラバブの尻尾を持ってあげてしましたが、
次の瞬間には、なんと、その手を離してしまいました。。。ので、
哀れシラバブ嬢は、幅1mはある料理が乗った大きな皿の上に「ベチャ」っと落下。
・・・もちろん、すべてジェスチャーです(笑)

ところで、、、円形劇場の『キャッツシアター』。
「どの席がお薦め?」という質問をよく拝見しますが、
私が今日みた「2階1列60番台」は真剣にお薦めです。
今まであまり「上手」から観た経験が無かったこともあってか、
ともかく「構図」がとても素晴らしいと思いましたねぇ。。。
オーブンの中も見えるし、ギルのブランコも大きくスヰング!
なにより素晴らしいと思ったのがラストシーン!
天上に上る猫の、その歓びに満ちた表情がとてもよく分かった。
これは、とても大きな「カタルシス」となって、
雪国で凍えていた私の心を、みごとに溶かしてくれたのであります。

|

« シベリアの仇をプライドロックで? | トップページ | 『クロノス』 東京千秋楽 »

コメント

こんにちは。
キムタガー、まさにそんな感じですね!!!
ある意味一番タガーに近いのかもしれませんね~
キャッツシアター、2階席はジェリクルギャラリーとセンター、
そしてちょっと下手よりぐらいしか行った事ないので
上手側の席に座ってみたいなって思いました☆
来月の発売ではちょっと狙ってみようかしら…
ありがとうございます♪

投稿: 柴 | 2005年12月24日 (土) 午後 01時17分

こんにちは。私も25日にキャッツを観に♪
キムタガーに惚れてきました!!

投稿: kaz* | 2005年12月26日 (月) 午後 01時48分

柴さん、コメントありがとう。
年末調整事務に追われる日々で更新できないここです。

私もいろんな場所からゴミ捨て場を眺めてきましたが、
「天上に向かう表情」を具に観たのは初めてでした・・・
 (JG右でも表情は見えないのですよね)
それはなんとも「美しい」もので、
本当に心が震える場面でしたよ。

しかし、、、
1月早々に売られるのが、9月~12月分、、、
「2周年」とか「クリスマス」とか、
「福井くんの誕生日」とかありますが(笑)
まさに「鬼が笑う」計画ですよねぇ。。。

投稿: みかん星人 | 2005年12月27日 (火) 午後 08時58分

kaz*さん、コメントありがとう。
クリスマスに、可愛い紳士とデート、、、素敵ですねぇ。

「キム・タガー」に惚れるってことは、
kaz*さん、渋好みなのでしょうか(笑)

投稿: みかん星人 | 2005年12月27日 (火) 午後 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/7797504

この記事へのトラックバック一覧です: 『キャッツ』 @ キャッツシアター:

» 今日の、福井晶一くん。。。は、カレンダー・ボーイ [みかん星人の幻覚]
来年の「劇団四季カレンダー」には、『赤毛のアン』などあったりして、なかなか意味深 [続きを読む]

受信: 2005年12月23日 (金) 午後 11時58分

« シベリアの仇をプライドロックで? | トップページ | 『クロノス』 東京千秋楽 »