« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

『夜叉ヶ池』 @ オーチャードホール

野村萬斎さん、梅若六郎さん主演の『夜叉ヶ池』を観に行った。

学生の頃に、能を舞われる方からお誘いを受けて『半蔀』を見せていただいたが、
これが、正直、まったく解らず、何かを感じることもできなかった。
ところが、その能楽の合間に登場する「狂言」は大変に面白く、
以後「狂言」は機会在るごとに観てきた。

「狂言」の面白さは、「古の人たちが笑ったものを、いまも笑える」という部分。
人の虚栄心や狡さをとても上手に笑うのだけれど、
それが、今でも同じように通じてしまう。

ま、そんなことや、
『子午線の祀り』もとても面白く観た事から、期待して観に行った。

続きを読む "『夜叉ヶ池』 @ オーチャードホール"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

『アイーダ』 京都千秋楽・・・の前の夜

福井くんが一度も登場しないまま、
けれど、やはりラダメスは阿久津くんだよねと納得しつつ、
今日、10月30日に京都のアイーダがめでたく千秋楽です。

もしやの期待を胸に(笑)京都へ行っている特派員からの報告がありました。

井上アイーダは、さらに演技に磨きが掛かっていたそうです。
みかん星人は「ヌビアの王女」然とした井上さんのアイーダが好きなのですが、
ぜひとも「悩み多き福井ラダメス」との駆け引きが観たかったですね。

阿久津ラダメスは、のど、というか首?が鍛えられて、さらに迫力倍増。

大塚ゾーザーは声が若々しいですね。
アンサンブルでの大塚くんの活躍は圧巻でしたけど。。。
この『アイーダ』はいろんな見方ができる奥の深いミュージカルですが、
「3組の親子の物語」としてみた場合、どうしてもゾーザーにも「重さ」が必要ですね。
そういう意味では川原ゾーザーは素晴らしかったなぁ。
沢木ゾーザーを観ることができたのは、みかん星人としては、天佑でした。

そして京都での『アイーダ』で最も魅せられたのは、シルビア・アムネリス。
井上アイーダとの対比もありますが、
まさに「エジプト王朝の後継者たる王女」の風格が充分で、
昨夜の舞台でもその重さが最高潮だったようです。
が(笑)
20分近くにもわたったカーテンコールに、最後には飽きたご様子(*^^)
ま、、、その辺りが、まさに「王女」なんですなぁ。。。

ああ、、、千秋楽って、当たらないですね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月28日 (金)

「今夜はローズday」 その2

今夜の注目は、紗乃ジェニーちゃん。
パパに「おしゃべり娘っ」と叱られて、セットに消えた彼女は、
どうやら、ベッドの脚に足の小指を強かにぶつけてしまった・・・
あるいは、読みかけてあった『若草物語』を思いっきり蹴っ飛ばした・・・かのような、
大きな音を立ててしまいました。
それは、後で、「大したことではなかった」と分かったものの、
劇場全体が凍り付いてしまうような「大げさ」な音でした(笑)

さて、今宵の語らいは、、、、

続きを読む "「今夜はローズday」 その2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

「今夜はローズday」 その1

『アスペクツ オブ ラブ』のイベントが始まりました。
今夜は「オフステージトーク『今夜はローズday』~アルマニャックを味わいながら~」

ともかく、まずは舞台を拝見。。。
いやはや、石丸さん、ますます絶好調ですねぇ。
17歳のアレックスが本当にリアル。。。
なのに、後半のアレックスも素晴らしくセクシー。
このアスペのおかげで、彼を見直してしまいました。

それよりなお凄かったのは、保坂ローズ!
何でしょう、あの最後の歌い方!
「ローズ」という女性の総てがあの瞬間に完璧に凝縮されている。。。大感激。

さて、数分待って、いよいよイベントです。。。

続きを読む "「今夜はローズday」 その1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

『クロノス・ジョウンターの伝説』 by 梶尾真治

久しぶりの読書感想文。
子どもの頃は苦手だったなぁ・・・
それでも、パスツールの伝記を読んで書いた感想文は褒められた記憶が。。。

朝日ソノラマから出ている「ソノラマ文庫」は、
ジュブナイル文学の最高峰『星虫』を復刻してくれたりして、
実に素晴らしい文庫なのだが、大きな書店にしか揃ってないのが残念。

で、この『クロノス・ジョウンターの伝説』も「新装版」で、
「外伝」も入った4編が収められています。

続きを読む "『クロノス・ジョウンターの伝説』 by 梶尾真治"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、それにしてもいろいろあるものだ。

久しぶりにミスト席に座った福井狂、
「あの席からだと、福井君のスロープ・スリップがちゃんと見える」
と、実にマニアな感想を。。。

今日は、スキンブルシャンクスにアクシデントが。。。つづく。。。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、それにしてもいろいろあるものだ。"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年10月22日 (土)

ティム・バートンの『コープス ブライド』

この秋、最も期待を寄せていた映画、
「ティム・バートンの『コープス ブライド』」を観てきました。

corpseとは「死体」の事で、
初夏からネットで公開されていた予告編でも、
花嫁衣裳を着ているのに右手が「骨」のキャラクターが登場。
それは、名作『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のサリーの様で、
とてもとても魅力的に思えていました。

で、字幕版を観てきたのですが、、、本当に素晴らしい!

たった77分の、いや実質68分の作品ですが、
全編が強烈で美しいイメージの氾濫であり、
「エンターテインメント」の真髄が、とても真摯に、実現されていました。

続きを読む "ティム・バートンの『コープス ブライド』"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年10月21日 (金)

『アイーダ』 by プラハ国立歌劇場

「スエズ運河開通記念」のためにヴェルディーが書いたオペラ。
それが『アイーダ』という作品で、
その絢爛豪華さから「グランド・オペラの代表」とも言われてる。
現在劇団四季が上演している『アイーダ』は、これの換骨奪胎。

四季の『アイーダ』を(何度も)観ているおかげで、
登場人物の情報は充分学習してあった事もあり、とても楽しめた。
いや、楽しめたというよりは、とても興奮した。
130年前に書かれたとは思えないほど、今でも惹きこまれる。
(始めてみたオペラ『椿姫』は美麗だったけれど古臭かった)

続きを読む "『アイーダ』 by プラハ国立歌劇場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

『クロノス』のコマーシャル

なんと『クロノス』のCMが地上波で流れていました。
TBSの深夜に放送されているようです。

そうだよね、TBSが後ろ盾だものね。

『クロノス』に関する新しい情報・・・

続きを読む "『クロノス』のコマーシャル"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月18日 (火)

今日の、福井晶一くん、、、私で良いですか?

最近、タイガー・クリュがうるさかったそうですが、
どうやらそれはMマンゴに原因があったようです。
グリドルボーン登場に最も浮き足立って、
クリュのメンバーを急き立てているそうです。。。日本語で(笑)

さて、今夜の「福井狂(ばか)」は、ネーミング頃に劇場到着。
いつもの様にお花をインフォメーションに預けて、
入場タイミングを待っていると、その花が楽屋へと運ばれるのを目撃。
なんと、
その花には、大きな白い紙が貼られて、
大きく【福井晶一さま】と書かれていたそうです。
「そっか、幕間には彼に届くのか・・・」と福井狂。
思わぬものを見てしまいました。

今夜の福井マンカス君は、そんな「いつもの花」が届いているとも知らずに、
見事にヴィクトリアをリフト。
ヴィクトリアも、以前より張り切ってかなり遠くからマンカスに飛び掛っていたそうです。
そして、今夜も何事も無く「年に一度の舞踏会」は終わり、
猫たちは握手へと、、、
今夜も後ろに「研究生?」と思しき美女3人を確認していた福井狂は、
「マンカストラップくんは、後ろの美女達と先に握手するだろう」
と思い込んでいたのですが、、、最初に手を差し伸べられてびっくり。
思わず「私で良いの?」と、微妙に意味深な事を口走ってしまったそうです。
で、福井狂のそんな躊躇いを感じた福井くん、
「え、、、ぼくと握手したくないの?」
と驚きと寂しさが入り混じった「霞」が、彼の瞳を通り過ぎて行ったそうです。

教訓:好きな人との握手は、いつだって積極的に!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

『ミュージカル 異国の丘』@秋劇場

もしや、、、と思って取った『異国の丘』の初日。
ありがたいことに観たかった下村九重と、花代愛玲でした。

下村九重は、若々しさにおいて厳しいものの、
冒頭のsiberiaの場面から存在感が強く、重い。

花代さんは、声が宙に浮いているような軽さで、
坂本花蓮との二重唱も美しい。

さて、大泣きの二幕が始まります。。。続きをどうぞ。。。

続きを読む "『ミュージカル 異国の丘』@秋劇場"

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005年10月15日 (土)

今日の、福井晶一くん、、、あるいは、グリドルボーンの尻尾

今夜、最大のポイントは、
【ぶちっ】と音を立てて千切れたグリドルボーンの尻尾」でしょう、、、
と、語る「福井狂(ばか)」の顔には、
しかし、その衝撃的なアクシデントによる驚きではなく、
まるで慕情が届いたかのような(あくまでも「ような」)表情が。。。

6列マンカス側に居た福井狂。
「こんなところまで来てくれない」と不満顔で出かけて行きました。
事実、福井マンカスは、図ったように7列までが限界・・・
そこで福井狂「おねがぁいー、あたしに触ってぇ・・・」
とばかりに手を差し伸べたところ、
なんと優しい福井くん、手を伸ばしてくれて、
あろうことか「指と指を絡める」という、
実に濃厚なスキンシップをしてくれたとの事。

ヴィクトリアをリフトできなかったマンカスだったけれど、
最後に祝福をくださいました。。。とさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

『みんなが好きです!』

いよいよサザンオールスターズのライブが始まった。。。

いつもの事だけれど、
『みんなが好きです!』
という微妙にふざけた、それでも今回は真摯なタイトル。。。
(会場アナウンスのお姉さんが言いたくないようなタイトルもあったからなぁ)

で、今回は2ヶ月半にも渡るライブなので、
その情報に事前に触れるのを避けるのが難しい(笑)
今朝もCXは避けてたりして、、、

面白いのは、上に張ったリンク先で、早くもグッズが通販されている事。
茅ヶ崎のような限定ものが無いから、これで充分だなぁ。。。

ともかく、、、サザンの秋冬が始まりました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、そして愛しの・・・

今日の福井狂はいつもの「最後部-53」にいたそうですが、
前から後ろから攻め込まれていたようです。

前には最愛の福井晶一くん。
そして(すぐ)後ろには、なんと、芝清道さま。
この状況で異様に興奮した福井狂は、
カーテンコール最後に田邊タガーの姿が舞台袖に見えたとたん、
「タガー!」と叫んでしまったとか。
ほんと、、、ごめんなさいね>皆様

興奮していた福井狂、それでも握手の時は慣れたもの。
冷静でした。
やってきたマンカストラップとミストフェリーズが、
お客さんである福井狂をさておいて、
後ろに居る芝さんたちに握手する様子を見て、
我が事のように、、、って、ほんと他人なんだけどね、、、喜んでしまったとか。

むしろ興奮していたのは、二人の先輩タガーに見守られていた田邊くんかも。
一幕のタガー場オープニングでタイヤから舞台に飛び降りた時、
バランス崩して手をついてましたとの事。
ふふふ、、、若さを見せびらかそうなんてするからさっ(笑)

さて、芝さんの詳しいお話は、続きへ。。。

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、そして愛しの・・・"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005年10月 8日 (土)

112.5kbps

タイトルは、現在の通信環境です。

いつもは20Mレベルなので、ストレスたまります。
しかも、恐怖のダイアルアップ、、、みかかにお世話になっています。

ので、諸事遅れています、、、という、言い訳でした(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

伊勢正三さんが、、、

テレビの中で歌ってる。。。って言うか、ギター弾いてる。

高校の「歌声喫茶」みたいなクラスを想い出してしまった(*^^)

それにしても、もっと怖い人だと思っていたけれど>伊勢氏
話している雰囲気は、すっかり円熟。
いいなぁ、、、
こういうベテランが「ものめずらしさ」で扱われないのって。

杉山清貴くんは、微妙に「ものめずらしい」存在だから、悔しいね(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

今日の、福井晶一くん、、、6日ぶり

「キャッツシアターがなんだか懐かしかった・・・」
と、訳の解からない事を言っている、今夜の福井狂(ばか)

持ち帰った「本日の出演者」表で新しいパスワードを知り、早速入力。
するとmunkustrap君のメイク過程が・・・
しかし、このマンカス君、趙マンカスくんでした。
(以前会報に載ったものですね)

さて、舞台に立っていたのは、いまだに福井晶一くん。
今夜の福井狂は「14-53」に陣取って握手待機。
途中、直ぐ後ろに座った「御大」の雑音と眠気(爆)に襲われながらも、
なんとか握手タイム・・・まったく、何を観に行っているのやら>福井狂
今宵マンカストラップの最初の握手相手となった福井狂に、
福井くんは優しく微笑む、、、が、次の瞬間、彼の視線は胸元へと。。。
福井くんは、そこで、瞬間不思議そうな表情。
なんと、今夜の福井狂は、「いつものペンダント」をしていなかったのです(笑)
さて、
福井くんが瞬間見せたその「をや」という表情は、何を意味するのでしょう(*^^)

さて、周辺事態・・・

続きを読む "今日の、福井晶一くん、、、6日ぶり"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

『キラーストリート』 by サザンオールスターズ

待望のアルバムが届きました。
仕事しながらではありましたが、2枚組30曲を3回転。

世の中で「サザンオールスターズ」がどう見られて、聴かれているのか、
みかん星人にはそれは全く分からない(笑)
あまりにも(一方的に)寄り添っているので、俯瞰で観ることができない。
ので、今回の『キラーストリート』がどう捉えられるのか、興味はある。

で、みかん星人としては、これこそ「激渋」と感じています。
数曲「軽快なポップミュージック」があったり、
相変わらずの「コミックバンド」だったりしますが、
以前(とはいえ20数年前)とは違って「若さゆえ」ではなく、
至る所に「熟成」を感じさせてくれたりしている。

あ、、、大げさに言えば『ライムライト』か、、、

長らく『アスペクツ オブ ラブ』ばかりが流れていましたが、
ともかくしばらくは、このサザンのアルバムに夢中だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

『クロノス』・・・予告

"chronos"とは、ギリシャ神話に登場する「時」の神様。
(ローマ神話では「
サトゥルヌス」と言うらしい)
もともとは「川の神様」のことらしいが、要するにそういう事(笑)

大好きな「演劇集団キャラメルボックス」が今年の最後にみせてくれるのが、
『クロノス』というタイトルの芝居。
原作は、梶尾真治さんの『クロノス・ジョウンターの伝説』という本で、
なんと嬉しいことに(笑)、【朝日ソノラマ】から出ている本なのだ。
それを成井豊くん(みかん星人とタメ)が気に入って芝居にする。

他にもこの本を気に入った人(達)がいて、彼らは「映画」にしてしまった。
『この胸いっぱいの愛を』と題されたその映画は、
少し前から宣伝され始めているから、CMをみた
方もいるかしら。。。

閑話休題

で、キャラメルのこの芝居にも、CMがある。
とはいっても、普通に見られるのかどうか知らないけれど、
みかん星人は『シアター・テレビジョン』で見てしまった。。。
これが、素晴らしい!
まさに「時間もの」らしい秒針の音と、
菅野くんと岡内さんの対峙、、、うかつにも泣いてしまった(笑)
たった数秒の、CMというよりは「スポット」だったのに。

久しぶりにキャラメルボックスの芝居に嫉妬して、そして泣けるかと思うと、
いまからどーしようもなく興奮してしまう。。。
去年の『スキップ』では不安的中だった部分もあったからなぁ。

ともかくっ、、、みかん星人のおぢさんが保証しよう!
演劇集団キャラメルボックスの『クロノス』は、間違いなく面白い!

続きを読む "『クロノス』・・・予告"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

今日の、福井晶一くん、、、

カテゴリーが、日記だっり。。。(笑)

福井くん、今日はテレビの中です。
回転Sに座って楽しんでいる姿を見て、楽しんでます<福井狂

月曜、火曜と五反田はお休みですが、
さて、水曜には京都に行っているんでしょうかねぇ。。。
どうやら、福井狂も、
「そろそろあっちに行ってくれても良いんだけど、、、もたないし」
と、意味不明な寝言を言う始末ですからね。。。

さて、金曜に届いた「会報」ですが、、、
城戸真亜子さんが一文を寄せていますね。。。タメなんだよね、みかん星人と(笑)
で、福井狂が8月上旬に、城戸さんを劇場で目撃していました。
6列の「ファントム席」(つまり殆どいつも空席)に座っておられたそうです。
いちお、観劇してから書いておられるのね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

『スター・ウォーズ エピソードⅢ シスの復讐』

公開当初に観て、
で、帰宅して【Ⅳ】を観てその感想は書いたものの、
それっきりだったと。。。こういう事ばかり(爆)

で、月末に近所のシネコンに行って観てきました。
ここではDLP、つまりデジタルでの上映がされていて、
その最終回だったのです。
(最初に観た時は吹き替え版で、これはフィルム上映)
『チャーリーとチョコレート工場』もDLPで観て、その美しさを堪能しましたが、
「エピソードⅢ」のデジタル上映は想像を遥かに超えた美しさでした。

続きを読む "『スター・ウォーズ エピソードⅢ シスの復讐』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »