« 今週の、福井晶一くん。。。 | トップページ | 田邊タガー、デビュー »

2005年9月11日 (日)

『スケッチブック・ボイジャー』 by 演劇集団キャラメルボックス

年に4回のお楽しみ、
演劇集団キャラメルボックスのお芝居を観てきた。
今回の演目は、節目に演じられてきた、
スケッチブック・ボイジャー
キャラメルボックスお得意とも言うべきSFファンタジー。

が、みかん星人は、正直この演目はあまり好きではない(笑)
「好きではない」というよりは「未熟」を感じて面白くない。
この脚本は、成井豊さんが17年前に「脱・野田」を意識して書いたそうだが、
それでもかなり「野田的幻惑」が残っていると感じる。
要するに、分かりにくいし、まとまりが無い。
(野田氏が日本の演劇に残した「悪癖」はいつか書きます)
今回かなり書き直されたとの事だけれど、骨子は変わってない。
ただ、ここには「この後のキャラメルの原点」が多くあるのは確かだ。

で、今日は、そんな成井氏が登場して10分ほど「講義」があった。
「脚本を書くにはどんなことをすべきか」
という事なのだけれど(笑)
【歩く】というお話は大賛成、、、私もそうしたい。

ま、それでも、どこかミュージカルの匂いがする彼らのお芝居は、
疲れた私にはなんだか心地よくて、
しかもこの演目は、いい意味で「浅い」ので、それなりに面白かった。

|

« 今週の、福井晶一くん。。。 | トップページ | 田邊タガー、デビュー »

コメント

 いろいろ考えて、
 先行予約の案内が来ていた
 野田地図の『贋作・罪と罰』は
 見送ることにしました。
 ここ数年、心の底からよかった!と思ったのは
 『オイル』だけだし、
 前に観た演目で、良かったヤツでも
 感じなくなっちゃってるし、
 前にだめだった『贋作・罪と罰』は危険過ぎ(笑)
 冒険するには高すぎるもんなぁ。

 私の感受性が変化したのか、
 それとも・・・(^-^;;;;
 ものすごく好きだったのになぁ。

 でも、成井さんだって影響受けるほどだったんだから
 良しとしましょう。
 『スケッチブックボイジャー』、筋を追うならジェミニ、
 ギャグに笑い転げるならアポロと言ったとこでしょうか。
 大内くんの諸星が最高でした(^-^)

投稿: 海紘 | 2005年9月15日 (木) 午後 11時04分

「シアターテレビジョン」で千秋楽を見ました。

うん、、、大内君が素晴らしかった。
『アンフォゲッタブル』ほどに素晴らしかった。


価値観、感受性は変わりますし、それは成長と言えるでしょう。

要するに、野田さんの芝居は、
「演劇初心者の日本人につけこんだ演出」
に過ぎなかったと思うのです。
子ども向けの芝居はメリハリがしっかりしていて、
とても局所的に解かりやすいけれど、全体は無意味、ですね。
私から見れば、そういう存在だったと思います。

少なくとも、蜷川さんが考えていたこととは全く違うのですね。
ブームの当時は、比較されたりもしていましたが・・・

投稿: みかん星人 | 2005年9月17日 (土) 午後 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/5898050

この記事へのトラックバック一覧です: 『スケッチブック・ボイジャー』 by 演劇集団キャラメルボックス:

» スケッチブック・ボイジャー [スター・ウォーズ エピソード3をもう7回観た社長のブログ]
キャラメルボックスの「スケッチブック・ボイジャー」アポロバージョンを観た。座席は2階席4列26番だったかな? 実はジェミニバージョンも観ていた(1階席15列25番)のだが、個人的にはかなりイマイチな出来で感想は書かないでいた。で、今日はそちらのジェミニ....... [続きを読む]

受信: 2005年9月13日 (火) 午前 01時24分

« 今週の、福井晶一くん。。。 | トップページ | 田邊タガー、デビュー »