« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月31日 (木)

『キャッツ』@キャッツシアター

 今月は、1年でも最も忙しい月。
 地道に行うと1ヶ月掛かる程度の仕事が10件ある。
 それなのに犯罪に巻き込まれた上、『キャッツ』にも翻弄される事となった。

 今月、我が家に残る『キャッツ』の半券は10枚・・・(爆)
 その原動力は、我が家にいる「福井晶一マニア」のおかげだ。
 このブログでも『アイーダ』の中で取り上げたけれど、
 福井君が『キャッツ』の主要キャラクターの一人「ラム・タム・タガー」を演じている。
 それが発表された3月12日以降、我が家は狂気の沙汰である。


 もちろん、みかん星人にはあまり時間が無いので、
 10回の機会の半分を使ったわけではない。。。お金も無いから。
 けれど、、、数回、観てしまった。
 で、観るたびに感じていたのは、
 「このミュージカルは、不可思議だなぁ。。。」という思い。
 物語らしい物語は無いし、猫に扮した役者が次々と踊るだけのこの舞台は、
 しかし、なにか不思議な魅力があって、故に世界でもロングランが続いてる。
 だが、正直なところ、、、みかん星人にとっては、それほど魅力的なものでは無い。

 いや、、、無かった。

 みかん星人は、今夜の『キャッツ』に泣かされた。。。
 クライマックスで、自然と涙が溢れて、全身に震えが走った。。。

 今夜、主役とも言うべき「グリザベラ」を演じていたのは「金 志賢」。
 彼女の仕草に、演技に、歌に、泣かされたのだ。


 第一幕の最後に金・グリザベラが見せてくれたとある仕草。
 この仕草が、私が「グリザベラ」に抱いていたイメージを変えた。
 それまで「年老いた娼婦」という言葉の外に出ることが無かったイメージが、
 彼女の流麗で妖艶な仕草をみて「あ!」と思わされた。
 その瞬間、歌詞の意味も、舞台の意義も、一気に全てを理解してしまった。

 「グリザベラは、美妓だったのだ。しかも、飛び切りの」

 確かに、歌詞にはそういうニュアンスの部分があるのだけれど、
 今までの「グリザベラ」ではそれを感じられなかった。

 今まで「グリザベラ」を演じていたのは「重水由紀」さん。
 彼女が演じる「重水・グリザベラ」は、どこか温かさがあって、
 そんな彼女が見せる「年老いた娼婦」は、まさに「娼婦」だった。

 そう、、、例えるなら、
 「重水・グリザベラ」は、スペインの「リオハ」と呼ばれる赤ワイン。
 それも「レゼルバ」クラスのビンテージもの。
 重々しく、濃厚で、時間を越えてきているが、華やかさを感じない。
 一方、
 「金・グリザベラ」は、フランスのランスで作られたシャンパン。
 それも、ピノ・ノワールだけで作られた辛口。
 それを凍ってしまいそうなほどに冷やして飲んでいる感じ。
 【みかん星】の【音楽の星】で取り上げた『白い恋人達/桑田佳佑』にも書いたが、
 彼女にこそ、この「シャンパン」のイメージがある。

 最後に歌われた(名曲)『メモリー』。
 「金・グリザベラ」が立ち上がりながら歌うその部分゙で、
 みかん星人は、『キャッツ』が伝えたいと願っていることの「核」に触れた気がした。
 本当に、本当に素晴らしいミュージカルだ。

 ようやくだけれど、気がつけてよかった。

 「ミュージカル・ショー」である『キャッツ』で泣かされてしまった私は、
 最後にスタンディングオベーションをかましてしまった。。。
 や、「ブラボー」という叫び声も聞こえていた気がしたが、
 あれは、みかん星人に似ていたが、きっとたぶん、私ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月29日 (火)

『もてない男 - 恋愛論を超えて』 小谷野敦

 久しぶりに「論」を読んだ。

 「論」を読む場合は、どうしても「引用」が重要になる。
 (人生において「読書」が必須である理由の半分は、ここにある)
 みかん星人が好きな「漱石」や「鴎外」が多用されているので助かったが、
 やはり最近の「論」を読んでいないのでフラストレーションが溜まる。
 もっと読まなければ・・・

 さて、内容だけれど。。。
 たぶん20代前半までのみかん星人にとっては「賛同」。
 そして、それより以降のみかん星人にとっては「苦笑」。
 と、言ったところか、、、

 やはり「恋愛」は、とても特殊なコミュニケーションだろう。
 「失うもの」や「隠したいもの」が多い人にとって、
 或いは「許容」「忍耐」が難しい人にとって、恋愛は難しい。
 そして、
 上に書いたような事柄を裏返したものが、簡単に言えば、「愛」なのだろう。

 世に【恋愛論】というものは多い。
 この本は、その中で傑出しているわけではないが、
 【恋愛論】を読みこなせない人にとっては、
 「ああ、そういうことだったのか」
 という安堵を与えてくれる1冊かもしれない。。。

 あと、、、「引用」に対する姿勢が良好なので、
 「論」を読み広げてみたい人にとっては、面白い入り口かも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

こんなサービスは如何?

 「パソコン通信」というものを始めて、ようやく10年となる。
 そこで出会った友人も、けっこう居る。

 で、かなり前から、そんな友人達への、
 「みかん星人の死亡通知」
 を送る方法を考えていた・・・ま、メール遺言だね。


 最近知ったサービスに、こんなもの、がある。
 まだまだ「良くできている」とは言えないが、
 ようやくこんなサービスを真剣に考える会社ができたらしい。

 ちなみに、みかん星人は、まだ登録していません(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月27日 (日)

『夢から醒めた夢』 @ 四季劇場「秋」

 悔しい。。。。
 初演は18年前だそうである。
 なぜ、今日まで、この演目を観て来なかったのか・・・悔しい。

 ともかくも、観て良かった>『夢から醒めた夢』

 まず、冒頭の案内人の言葉に射抜かれてしまう。
 「劇場でも『夢』を見ることができる」
 「劇場は夢を作り出し、人生を映し出す大きな鏡」
 「役者に集中することにより、客の心は舞台に上り、
  さまざまなことを経験することができる」
 そう、、、生身の人間が目の前で演じる事の迫力、価値、意義、、、
 まさに「舞台」の魅力を端的に伝えてくれる冒頭だった。
  (面白いことに、この後に観た『アビエイター』でも似たような台詞があった)

 この舞台は、凄い、、、
 そんな予感とともに始まった『夢から醒めた夢』は、その予感を軽く凌いでくれた。

 こんなにも素晴らしい芸術を「劇団四季」は生み出していたのか・・・
 近々再演される『思い出を売る男』から始まった「日本製西洋音楽劇」は、
 この『夢から醒めた夢』で、一旦、完成していたと言うべきだろう。

続きを読む "『夢から醒めた夢』 @ 四季劇場「秋」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『OHダディー!』 @THEATER1010(北千住)

 初めて北千住に降り立った。
 『』という綺麗な劇場は、なかなか魅力的。
 そこで観たのが、川平慈英君と堀内敬子様の『OHダディー!』

 「ミュージカル」として、軽快で愉快で気持の良い作品に仕上がっていた。
 たった7人の、しかし素晴らしい出演者によって描き出されたこのコメディーは、
 「ミュージカル」が本来持っているべき楽しさと暖かさと希望に満ちていた。

 特に素晴らしいのは、目当てでもあった、堀内敬子様。
 どんな芝居でも滲んでしまう「四季の匂い」が、
 この人の場合は、そのコケティッシュさと相まって、
 「夢のようなかわいらしさ」に昇華され、みかん星人的には満点。

 収穫は、石鍋多加史という俳優。
 この人のテノールの伸びの良さは、まさに快感。
 この俳優と出会えたことも大きな収穫であった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アビエイター』

 長すぎ、、、『アビエイター』
 俳優がプロデュースした作品にありがちな気がするが、
 要するに「編集できていない映画」なのだ。

 Howard Hughesという人物は、みかん星人にとっても興味ある男で、
 一度しか飛ばなかった飛行艇『ハーキュリーズ』を見られただけでも大満足。
 けれど、ともかく、長すぎた。。。ま、、、
 ヒューズ本人が作ったら、こうなっていた、、、
 という意味では、鋭いのかも(笑)

 「ミラ・マックス」にでも配給を任せて、
 もっともっと切り刻んでくれたら、傑作だったかもよ。
 実は、みかん星人的に好きな場面や演技が多い映画だったりする。
 特に前評判が芳しくなかったディカプリオ君は、
 彼独特の「臭さ」がいい方向に出ていて、いい演技だと思う。

 Cate Blanchettに関しては、本当に素晴らしい。
 大好きなAlec Baldwinも渋くて良い。
 (ただ、彼とヒューズがドア越しで絡む場面は、全く無駄)

 ヒューズに興味が無かったり、
 レオ様に関心が無いのでしたら、他の映画を観ましょう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月26日 (土)

気を取り直して(笑)

 こんなのに応募してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動向。。。

 そうですなぁ、、、今月は書き込みができないかとすら思いました(笑)


 ニュースになってしまった犯罪に巻き込まれて時間を取られているのが辛いところ。
 順調だった仕事も大コケで(笑)いまだに事後処理していたりします。


 もちろん、遊んでもいます。
 『運命を分けたザイル』と『サイドウエイ』を観ましたし、
 『猫』を何回か(爆)観に行っています。
 明日は『夢』を観ます。

 そうそう、、、キャラメルも堪能したり、
 50インチのお世話もしたりで、ほんと、遊んでいる日々です。


 明日からは、以前の状態に戻れるかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月24日 (木)

ペンギン

 みかん星人はペンギン好き。
 ひこねさんのペンギンには、随分と散財したものです。

 ので、今日からこんなデザインにしてみました。


 ところで、スイカのCMにペンギン君が登場していますが。
 彼の名前は、どうやら、「大空旅人」君らしいです。

 旅人君、、、そーだったのね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今週は、、、

 先週までの怒涛の日々が終わって、
 ほっ・・・ としていたのもつかの間、
 「間違いなおし」に奔走する日々となっています。


 今年も、間違いが多かったなぁ、、、情けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月16日 (水)

『運命を分けたザイル』

 実話に基づいて作られた映画だそうで>『運命を分けたザイル』
 それは、それなりに面白かった。

 劇場が、以前「アイマックスシアター」だった新宿の映画館で、
 こいつがバカでかい・・・おかげで空調がいやらしくて、
 絶えずどこからか「冬山」のような風が吹く(笑)
 おかげで、大きなスクリーンとともに、臨場感満タン。

 1985年に、南アメリカ・ペルーの未踏峰に挑んだイギリス人登山家の遭難劇なのだが、
 映画には最初からこの二人が登場して、生還したことは自明。
 だから、「映画」というよりは「ディスカバリー・チャンネル」の番組みたい。
 実際、みかん星人にとってこの映画は「ドキュメンタリー映画」としてしか感じられず、
 「こんなことがあったのを後世に伝えたい」という意図以外のメッセージを受け取れなかった。


 この映画は、たぶん、みかん星人が観た映画の中で、
 最も登場人物が少ない映画だろう。

 見た価値といえば、その程度かな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アンチゴーヌ』 @ 自由劇場

 約50年前、
 「劇団四季」が創立2本目の演目として選んだのが『アンチゴーヌ』
 まさに「伝統と自信の演目」であろう。

 その分、演じるのは大変だろうなぁ。

 そして、観るのも大変でありました。

 正直、ついていけなかった・・・難しかった。こんなの初めてっ。
 舞台の様子と台詞をそのまま受け止めているだけなら、
 さほどの苦も無く受け入れることができるだろう。
 だが、、、全ての関係と動きと台詞を咀嚼していると、置いて行かれる。


 たとえば・・・
 「どうしても兄を埋葬したい」と願うアンチゴーヌに対して、
 「それは宗教家に踊らされているからか?」
 「私の政策へのあてつけか?」
 と、その理由を一つ一つ取り上げて問答する。
 その手順が実に論理的で、小気味よい。

 しかし、そのロジックを丁寧に追って検証していると、舞台に追いつけなくなる。
 始めのうちは何とかなるのだけれど、
 一箇所に引っかかると、その部分を考えながら、舞台を吸収することになる。

 ・・・これは、難儀だ・・・というか、ありえない(笑)

 と、いうわけで、、、もう一度観たいと思ったが、、、叶わなかった。


 私が鑑賞した回は、マチネだったのだけれど、
 年配の人がとても多かった。。。というか、殆どが60代゙以降だった。
 で、予想通り、途中から寝ている人がいっぱい。
 みなさま、心地よく船を漕いでいました(笑)


 あと、、、阿久津君がなかなか重要な役で登場してしましたが、
 「いつ、歌いだすんだろう。。。」と(笑)ハラハラしっぱなし(*^-^)
 華奢ではかなげなアンチゴーヌを抱き寄せたときなど、
 「人はぁ、、、迷いつぅつぅ、、、」というメロディが私の脳裏を・・・

 阿久津君がストレートプレイに馴染むまで、私は時間が掛かるぞ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »