« 『エビータ』 by 劇団四季 | トップページ | 『Ray』 »

2005年2月 5日 (土)

『DV』

 とても真面目に作られた、真摯な映画>『DV』

 とても繊細な問題を、
 「啓発映画」として、
 「恋愛映画」として、
 そして「エンターテインメント」として、
 ぎりぎりの綱渡りを成し遂げていると感じた。


 「うちあたい」する部分も多く、切なく、痛々しいが、
 こういう映画こそ「必見」なのではないか、、、と思った次第。


 上に張ったサイトのオープニング、、、試してみてね。

|

« 『エビータ』 by 劇団四季 | トップページ | 『Ray』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/2817783

この記事へのトラックバック一覧です: 『DV』:

» DVを乗り越えるために(「DVドメスティックバイオレンス」) [読みたい放題の一日]
この映画の題名はDVドメスティックバイオレンス。題名を見ただけで、主張したい内容がストレートに伝わってきて、監督の気持ちがこの作品に込められている様子がわかる。この作品は一部マスコミで取り上げられ話題を呼んでいるが、残念ながら上映している映画館が非常に...... [続きを読む]

受信: 2005年4月18日 (月) 午前 01時00分

« 『エビータ』 by 劇団四季 | トップページ | 『Ray』 »