« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月16日 (日)

エミール・ガレ展 @ サントリー美術館

美術館というのは、とても責任が重い。

美術品を扱う、保管するという意味においては勿論のこと、
「なにが、どう、美しく、素晴らしいのか」を、来館者に感じさせなければならない。

美術館に行き、鑑賞した人に、
「どこが素晴らしいのか、分らなかった」
なんて感想を持たれてしまうのはのは論外だけれど、
「美しいのは分るけれど、そんなに凄いか?」
と思わせてしまうのも、失格だ。

サントリー美術館は、失格だ。

続きを読む "エミール・ガレ展 @ サントリー美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年5月 8日 (土)

『アタック・ナンバーハーフ2 全員集合』

思わぬ大ヒットになってしまった『アタック・ナンバーハーフ』の2。

でも、これは「1」を観てないと殆ど面白くないと思う。
「1」のヒットのお蔭で「続編を作らなきゃ!」と思い込んだPが、
たいした考えもなしに「作ります」と言ってしまった感じ(笑)
もちろん「1」を観た人には同窓会的に面白い。
というか、映画自体が「回顧」で構成されていて懐かしい物語なのだ。

みかん星人には理解できない「性同一性障害」だけれど、
彼らの前向きな姿勢は観ていてとても楽しいし、
彼らが「仲間」となってゆく姿は、とても気持ちの良い青春ドラマだ。

あと、、、、この映画の最大の魅力は、タイ語の響。
なんと可愛く、美しい言語だと思うのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »