« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004年4月24日 (土)

『どこかで誰かが見ていてくれる』 by 福本清三

日本一の斬られ役・福本清三さんの聞き語りを本にした、
どこかで誰かが見ていてくれる』を読んだ。

とても面白かった。
まず、語り口がとても軽妙洒脱で心地よい。
はったりは無いし丁寧な口調なんだけれど、心地よい重さがある。
こういうのを「含蓄」って言うのかなぁ。。。

プロでいるってのは、やっぱり大変なんだよね。。。
彼が大活躍(?)していた頃の、往年の時代劇を見たくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »