« 『マスター・アンド・コマンダー』 | トップページ | 『どこかで誰かが見ていてくれる』 by 福本清三 »

2004年3月31日 (水)

『ペイチェック』

仕事が終わったら観たかった映画、、、その2

いやー、面白かったぁ。。。
ぜひ007も、ウー監督に撮ってもらいたいなぁ。

何が面白いって、、、密度がとても高い。
無駄な場面がなくて、すべてにちゃんと意味がある。
けれど、急いてるわけではなくて、ゆっくり進む場面もある。

ウー監督は、ヒッチコックを意識したと書いているけど、
それはとても成功しているし、それにアクションが足されているから、この映画は本当にとても楽しい。
ラストも『北北西に進路を取れ』的で愉快なのも良い。

さらに褒めるなら(笑) この映画は「音」が良い。
途中にBMWのエンジンが出てくるのだが、この音が、本気で「BMW」なのだ!
あの水平対向エンジンの暴力的な低音に痺れたぞぉ。

少し残念だったのが、ユマ嬢。(「ウマ」と発音するほうが正確)
『キルビル』での疲れの影響か?肌が疲れていた。
後半での「肌の疲れ」はリアリティーがあってよかったけど(笑)

それと、、、アフレック君。。。君が「エンジニア」ってのは、やっぱり、無理があったね。

|

« 『マスター・アンド・コマンダー』 | トップページ | 『どこかで誰かが見ていてくれる』 by 福本清三 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/2061114

この記事へのトラックバック一覧です: 『ペイチェック』:

« 『マスター・アンド・コマンダー』 | トップページ | 『どこかで誰かが見ていてくれる』 by 福本清三 »