« 『ハムレット』 下村版 | トップページ | 『ペイチェック』 »

2004年3月31日 (水)

『マスター・アンド・コマンダー』

仕事上がりに楽しみにしていた1本、、、その1(笑)

本当は、公開初日に観て、オスカーの発表に備えたかった。
これを観ていれば、作品賞候補の殆どを観ている事になったからだ。
けれど、結論から言えば、「これでは、オスカーは無理だなぁ・・・」って感じ。

簡潔に言ってしまうと、、、テーマが分らない映画。

19世紀初頭の雰囲気は良く出ていたし、海戦シーンもとっても迫力があった。
「戦争」という状態が「冒険」とか「征服」とか「開拓」の隣にあり、そして相手の姿が見えていた時代。
その、或る種の「浪漫」も、上手く語られていた。
けど、、、、なんというか、、、「人」が描かれてないのが残念。
予告編では「少年船乗りと熟達船長のドラマ」の雰囲気があったけど、
そんなドラマも「そこそこ」描かれるだけ。。。

観て損は無いけれど、、、無理してまで観に行かなくて良かった1本。

|

« 『ハムレット』 下村版 | トップページ | 『ペイチェック』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60933/2050182

この記事へのトラックバック一覧です: 『マスター・アンド・コマンダー』:

« 『ハムレット』 下村版 | トップページ | 『ペイチェック』 »