2017年9月 8日 (金)

『ファインディング・ネバーランド』 @ シアターオーブ

東京渋谷にある「東急シアターオーブ」で上演中の、
『ファインディング・ネバーランド』を観て来た。

いつものように詳しいことはこちらで。

N1

2015年3月にブロードウェイで開幕し、
17ヶ月のロングランの後、アメリカでツアーをして、
そして、とうとう、日本にもやってきた。

たぶん、みかん星人がこれまで手にしたチケットで、
最も先日付のチケットだったと思うが、
この舞台の初日チケットを2016年の暮れには手にしていた(笑)

それほどまでに期待していたこの作品は、
それほどまでに募らせていた思いをはるかに凌いで、
かつてないほどの「歓び」を与えてくれた。

その「歓び」の正体(のようなもの)は後で書くとして、
ともかくこのパフォーマンスを観てもらいたい。

これは、2015年のトニー賞授賞式でのパフォーマンス。
このパフォーマンスの実物が、いま、渋谷で観られる。

日本で「ピーター・パン」といえばディズニーのイメージが強いけど、
もちろんこの作品の中で上演されるのがオリジナル。
アニメ映画に登場するエピソードの「原点」も出てきたりするし、
フック船長は「見事なヴィラン」なんて言われて、それも面白い。

 

なんにしても、こんな機会を逃してはならない。
少なくとも「ミュージカルが好き」と口にしたことのある人は、
この舞台を見逃しては、まさに名折れだろう。

9月24日まで上演しているので、
またしてもみかん星人に騙されて、ともかく駆けつけて、
ネバーランドに行く前にハートランドを飲んで、
劇場という夢の世界で遊んでもらいたい!

N3

では、以下は観た人限定で、その魅力に関して書いてみたい。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

『逆光の頃』

7月8日から全国で順次公開される映画、
逆光の頃』を観て来た。
詳しいことは公式ページで。

Img_0272

漫画『逆光の頃』が原作なのだが、
全く知らなかった(笑)

映画は66分と、じつに短いもので、
原作から3つのエピソードを取り出してある。

「逆光」という言葉を選んであるだけあって、
映画は、もちろん原作も、
光や視線、つまり物事の「見え方」に重心を置いて、
その「見え方」が日々、いや刻々と変化する青春時代を、
とても優しく描いている。

Img_0306

正直なところ、スクリーンで観るまでもない映画かもしれない(笑)
BSで放送された「京都人の密かな愉しみ」の青春版みたいだ。

ただ、主役の男の子・赤田孝豊を演じた高杉真宙くんが、美しい!
ヒロインのみことを演じた葵わかなちゃんが、凛々しい!

この二人を大きなスクリーンで観て、
そして(もちろん)京都の街並みを眺めるのは、とても良い!

 

さて、上映前に、この二人と、小林監督、
そして、この原作を書いてから5回は生まれ変わっている、
原作者タナカカツキ先生が登壇した。。。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第71回トニー賞